Planet MySQL Planet MySQL: Meta English Deutsch Español Français Italiano Русский Português 中文
1435 件中 1 - 10 件を表示 次の 10 件
innodb_file_format= AntelopeとBarracudaが混じっても特に問題がない
+0 Vote Up -0Vote Down
というか混じりようがない。

innodb_file_format はそもそも.ibdファイルだけに利くパラメーターであり、innodb_file_per_table が無効の場合は勝手にAntelope相当の状態にフォールバックされる。

mysql56> SET GLOBAL innodb_file_per_table= 0;
Query OK, 0 rows affected (0.05 sec)

mysql56> SET GLOBAL innodb_file_format= Barracuda;
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)

mysql56> CREATE TABLE t1 (num int) ROW_FORMAT= Dynamic;
Query OK, 0 rows affected, 2 warnings (0.59 sec)

mysql56> SHOW WARNINGS;












  [さらに読む...]
innodb_rubyでfast index creationとそうでないのを比べてみる
+0 Vote Up -0Vote Down
や、MyNA会でデモした時にむしろこれをやれよって話なんですが。

InnoDB Plugin以降で加わったInnoDBのfast index creationと、それまでのインデックス作成について、innodb_rubyを使って比べてみました。

まずは最初にロードを済ませてから、後からfast index creationでインデックスを作るパターン。


master [localhost] {msandbox} (d1) > CREATE TABLE t1 (num int unsigned primary key, val varchar(32) not null);   
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

master [localhost] {msandbox} (d1) > LOAD DATA INFILE '/tmp/md5_10000' INTO TABLE t1;
Query OK, 10000 rows affected (0.17 sec)
Records: 10000 Deleted: 0 Skipped: 0 Warnings: 0

$ innodb_space -f d1/t1.ibd space-extents-illustrate













  [さらに読む...]
MySQLユーザーのためのPostgreSQL対応表
+0 Vote Up -0Vote Down

毎回わからなくなってググってるから今度からここに追記していく。

MySQL PostgreSQL show databases; \l use dbname \c dbname show tables; \dt show table status from dbname; わからん show create table [dbname.]tblname; わからん show full columns from [dbname.]tblname; \d+ tblname もしくは↓で代替 SELECT * FROM information_schema.columns WHERE table_schema = 'dbname' AND table_name = 'tblname' ORDER BY ordinal_position; SELECT * FROM information_schema.columns WHERE table_catalog = 'dbname' AND table_name = 'tblname' ORDER BY ordinal_position;
MySQLユーザーがPostgreSQLを触ってみたメモ
+0 Vote Up -0Vote Down

最近なぜか MySQL を使う Ruby アプリを PostgreSQL に対応する羽目になっているのですが、今までほとんど MySQL 以外の RDBMS を触ってなかったので、色々ハマったりしたのでメモっときます。

なお PostgreSQL 歴が浅いので間違ってること書いてるかもしれません。

API

プログラムから MySQL にアクセスするには Ruby/MySQL を使っていたのですが、PostgreSQL 用の API を新たに覚えるのは面倒だったので、Sequel を使って書き直しました。

mysql.query("select col1, col2 from table where col3='xxx'")
↓
db[:table].where(col3: 'xxx').select(:col1, :col2)

…みたいな感じです。

今までプログラム中に突然 SQL が現れていて読みにくかったのが、Ruby

  [さらに読む...]
MySQL 5.6.21, 5.7.5以降では、server_idかぶりやserver_uuidかぶりでマシなエラーを吐くようになったらしい
+0 Vote Up -0Vote Down
準同期レプリケーションでStop/Startのログが大量に出力される・・・。 : しがないエンジニアのつぶやき を拝見して、そういえばこんなBugがクローズされてなかったっけ? と思い出したので試してみた。

MySQL Bugs: #72578: Duplicate slave server_uuid in replication forum gives no specific error message

シンプルにカブらせてSTART SLAVEしてみる。


Master - Slaveでserver_uuidカブり。

2014-10-22T02:15:32.090514Z 4 [Note] Slave I/O thread: connected to master 'root@127.0.0.1:64056',replication started in log 'FIRST' at position 4
2014-10-22T02:15:32.275705Z 4 [ERROR] Slave









  [さらに読む...]
MySQL 5.7では"[Note] mysqld: ready for connections"がどっかいった? (いってなかった
+0 Vote Up -0Vote Down
MySQLがちゃんと起動したかどうか(クラッシュリカバリーとか終わったかどうか)を見るのに、「"ready for connections"が出てれば接続はできるよ」とか昔から言ってたんですが、5.7.5で遊んでたらどうもこのログが出ない。

-- 5.6.21
2014-10-07 19:38:03 23139 [Note] /usr/mysql/5.6.21/bin/mysqld: ready for connections.
Version: '5.6.21-log' socket: '/usr/mysql/5.6.21/data/mysql.sock' port: 64056 Source distribution

-- 5.7.5
141016 19:17:37 mysqld_safe Starting mysqld daemon with databases from /usr/mysql/5.7.5/data
2014-10-16T10:17:38.421845Z 0 [Warning] The syntax '--log_warnings/-W' is deprecated and will be removed in a future release. Please use '--log_error_verbosity' instead.
2014-10-16T10:17:38.422101Z 0 [Warning] TIMESTAMP with implicit DEFAULT








  [さらに読む...]
MySQL 5.7.5でsecure-authが軒並み使えなくなるはなし
+0 Vote Up -0Vote Down
みんなだいすき(?)、MySQL 4.0以前の古い16桁ハッシュで保存されたパスワードで認証するために必要な --secure-auth が5.7.5でついに非推奨になりました。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/server-options.html#option_mysqld_secure-auth
が、「非推奨になったよ。そのうち消える。オプションはパースされるけど無視されるようになった!」というマニュアルの記載はアレで、実際はちょっと下に引用文っぽく書かれている「--secure-auth=0 や--skip-secure-auth を指定すると起動しません」の方が正しい。



  [さらに読む...]
[mysql]MySQL Central(2014)のセッション資料一覧
+0 Vote Up -0Vote Down

 2014年9月末から10月頭にかけて開催された、MySQL Central @ Oracle Open World では、60を超えるセッションが開かれました。


 講演資料も続々公開されているのですが、いちいちセッションのページを開いてみないと、資料が公開されているのか否かが分からないのが不便だったので、公園ページへの一覧に資料有無を記述したリンク集を作りました。

 もともと自家用のつもりでしたが、勉強会(MySQLユーザ会会)に参加した方からも「欲しい」との声を一部いただいたので、以下の場所に起きました。


http://lovesmysql.com/mysqlCentral2014_sessions.html


 みなさまのお役に立ちましたら。

.

MySQLのスローログのローテーション
+0 Vote Up -0Vote Down
Original post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2014/10/rotating-mysql-slow-logs.html

異なるクライアントでの作業中に、私は時々非常に大規模なスローログファイルを渡って実行するために起こる。 が、それらを回転させるべきかについて、いくつかの意見が存在する。 これらの意見の多くは、私も自分のバイナリログをフラッシュすることを好まない、ログローテートとフラッシュlogsコマンドを使用します。 私はロナルドブラッドフォードに同意するのはこのためです

  [さらに読む...]
すごくどうでもいいかもしれないMySQL 5.7の変更点 in mysql_install_db
+0 Vote Up -0Vote Down
取り合えず、PerlからCに変わってる。

$ file /usr/mysql/5.6.20/scripts/mysql_install_db
/usr/mysql/5.6.20/scripts/mysql_install_db: a /usr/bin/perl script text executable

$ file /usr/mysql/5.7.5/bin/mysql_install_db
/usr/mysql/5.7.5/bin/mysql_install_db: ELF 64-bit LSB executable, x86-64, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.9, not stripped


あと、パスが変わってる。今までは./scriptsだったのが./binに(rpmで使ってるぶんには何も変わらないはず) ソースの位置もclient/mysql_install_db.ccになってる。

増えたオプションがいっぱい。

$ /usr/mysql/5.7.5/bin/mysql_install_db --help
..
--admin-auth-plugin=name
Plugin to use for the default admin















  [さらに読む...]
1435 件中 1 - 10 件を表示 次の 10 件

Planet MySQL © 1995, 2014, Oracle Corporation and/or its affiliates   Legal Policies | Your Privacy Rights | Terms of Use

Content reproduced on this site is the property of the respective copyright holders. It is not reviewed in advance by Oracle and does not necessarily represent the opinion of Oracle or any other party.